2015.12.08

医食同源


医食同源(こころとカラダの献立)

「医食同源」と言う言葉をご存知ですか?
これは「日々の食事が、身体と心を作り、日々の健康に通じる」という、現代の予防医学に近い考え方です。
決して、「薬のような食事」をすると言う意味ではありません。

 

 

「医食同源」と言う言葉をご存知ですか?

 

旬のものをいただく。
一物全食(いちもつぜんしょく)する。
皮なども極力残さない。
丸ごと食べれる食材(例:骨も食べられる小魚)を利用する。

 

など日常の食事でも取り入れられることなのです。 また、食べ物と健康に関しては日本独特の身土不二という考えがあり、これは「人と土は一体である」 「人の命と健康は食べ物で支えられ、食べ物は土が育てる。故に、人と命と健康はその土と共にある」 という捉え方です。

 

 

地域に根ざした食育コンクールで審査員奨励賞を受賞しました!!

コンビニや自販機で手軽に食べ物が手に入る時代ですが、健やかな身体づくりのためにも便利さに流されないよう日々の食生活を振り返る事をMFCは提案しています。