2016.06.10

不妊外来


不妊外来

リプロダクティブユニット


原因にあった必要最小限の治療を行うことを私たちのモットーとして

現代の不妊治療は、目覚ましい発展を遂げています。
MFCでも最先端の医療を提供できるよう日々努力しています。
その中で心がけ大切にしたいと思っていることは、あたたかな心と人の手の温もりです。
不妊についての悩みの多くは、女性の自然な身体のリズムや排卵のタイミングを知ることで解決できます。
しかし検査の結果何らかの原因が見つかった場合には、それに適した治療が必要となります。
不妊症の原因はご夫婦によってさまざまです。
その原因にあった必要最小限の治療を行うことを私たちのモットーとしています。
MFCでは独自の充実したART(Assisted Reproductive Technology)すなわち
生殖補助医療技術を用い最先端の医療機器、最高水準の医療設備と共に私たちが持っている
知識と経験で高いクオリティの医療を提供いたします。

 

不妊外来の受診
不妊外来の受診を
ご希望の方へ

ページを開く

自分の身体の
ことを知る
自分の身体の
ことを知る

ページを開く

原因と検査
原因と検査

 

ページを開く

治療
治療

 

ページを開く

治療成績
治療成績

 

ページを開く

メッセージ
メッセージ

 

ページを開く

日本生殖補助医療標準化期間 日本生殖補助医療標準化期間

院長が理事長を務めております、JISART日本生殖補助医療標準化機関における認定審査(維持審査)を2014年6月22日に無事に認定を受けました。


2003年JISART設立時の認定依頼、2005年、2008年、2011年、2014年と認定審査を受けて参りました。 引き続き今後も「日本の生殖医療の質の向上と患者様の満足」を追求し、邁進して参ります。審査の際には、当院に通院中の患者様にも多数ご協力いただきましたことへここで改めまして御礼申し上げます。
ミオ・ファティリティ・クリニック院長 見尾保幸