2015.12.08

妊娠について


妊娠について

生殖医学の研究が始まる、今から30余年前までは、妊娠が起こる仕組みは全く神秘的現象で、まさにブラックボックスでした。1978年、世界で初めてヒトの体外受精による妊娠が得られて以来、その仕組みが少しずつ解明されつつありますが、今でもそれはほんの入り口程度でしょう。それほど、生命誕生のからくりは、私達の想像を絶する複雑かつ巧妙なからくりの中で成立しているのです。

女性のからだで・・・
<卵胞>が発育し、<排卵>し、それが<卵管>に取り込まれて精子と出会う。
そして、<受精>し子宮へ移動していきます。
ほんの小さなタイミングのずれも、精子と卵の出会いにはゆるされません。

 

 

身体のしくみ

 

 

生殖年齢にある夫婦が、妊娠を期待しながら避妊をしないで性行為を持ちながら、1年以上妊娠しない状況を「不妊」と定義(日本産科婦人科学会、2015年7月)されています。しかし、夫婦の状況によっては、妊娠成立を急ぐ必要がある場合もあり、妊娠のための治療に関しては、前述の定義とは別に、随時開始するよう定義されています。

 

マスコミなどの報道により、不妊治療にたくさんの誤解も多いのではないかなと思ったりします。
原因により治療方法は決まります。そのためにも、原因を知ることがそれぞれのご夫婦にあった治療の第一歩となります。

MFCへ初診でこられた時から、治療方針が決まるまでをイメージしてみました。
問診票に記入されてから、治療方法の決定までの流れです。
このほかに症状により、検査などが加わってきます。

 

 

MFCでの不妊治療のながれ

不妊治療のながれ

 

 

妊娠が成立するからだの仕組み 

 

お気軽にお電話ください。