2018.03.16

動画を追加!(栄養管理部 健康食育AWARD2018銀賞受!)



ミオ・ファティリティ・クリニック 栄養管理部が、去る2月22日に開催されました「健康食育AWARD2018」にて当院の食育活動についてのプレゼンを行い、銀賞を受賞いたしました!!


当院では「食育」という言葉が一般的になる前から、患者さんや社会に「みおごはん」という名称で食の大切さについて啓蒙活動を行っており、その活動は今年で25年を迎えました。
この度の受賞はそんな日々の活動が実を結んだ結果と受け止め、当院一同大変嬉しく感じています。
これからも自然体で、いつも通り食事の大切さを伝えていきたいと思っています。



—————————————————————————————————————————————————————————————————–
ママになるなら「みおごはん」
ミオ・ファティリティ・クリニック 栄養管理部 

当クリニックは妊娠を望まれる方への治療を担っています。
初診時の平均年齢は38才。体内老化を防ぐために約92%の方が自身の食生活改善の必要性を感じるも実施に至っていないという状況です。
また、妊娠された後も「食」に留意される事が家族の健やかさに繋がるのですが、積極的な改善には至っていません。
原因の1つに「食体験」の脆弱さが伺えます。中でも、従来より日本人が食してきた、優れた食事形態である「主食+一汁三菜」献立への理解度は低いのが現状です。
私たちは、命を育む機関として、健やかな「食」の実現と次世代への継承のため、「食体験」の場の提供を継続的に行う食育活動を行っています。
—————————————————————————————————————————————————————————————————–


健康食育AWARD2018ダイジェスト版はこちら





(関連情報)
みおごはん(当院HP)
みおごはんレシピサイト
書籍「ママになるための『みおごはん』」
「健康食育AWARD」HP
  健康食育AWARDとは?
  
「健康食育を通じて日本の健康問題を解決」し「 国民の健康寿命の延伸に健康食育で貢献」 をしている個人や団体を表彰するものです。(一般社団法人 日本健康食育協会ホームページより引用)