2016.01.12

2015年11月26日~27日、東京ビッグサイトTFTホールで開催された 第33回日本受精着床学会



生殖医療部より、シンポジウム講演と4つの研究成果発表を行いました。
タイムラプスを用いた研究で得られた新知見、そのクオリティの高さは相変わらず他の追随と
大きく差を広げ、圧倒的な存在として高い評価を得ています。
ハードの質を上げることと同時にいのちの発生に畏敬の念を持ち続けることが、必ずや良い研究に
繋がると信じています。

 

160112